東京近郊で、木組みと土壁の家づくりを実践しています。

2010年12月09日

冬の朝日

 横浜の現場も最終仕上げの段階に入り、大工・左官・ガラス・水道などの職方が完成に向けての丁寧な仕事を続けている。外部足場と養生シートがはずされると、始めて外観の全景を眺めることができる。長い工事工程のなかでは、地鎮祭や上棟式と同じくらい待ち遠しい日となる。

 燻し銀瓦、土佐漆喰、焼き杉羽目板の組み合わせが、当事務所の最近の定番仕上げとなっている。仕上げ材は決めていても、窓の位置や屋根形などのバランスは、敷地や設計に応じて毎回少しづつ異なる。完成度を少しでも上げるべく、図面を描き模型で確認して仕事に励むのであるが、良かったかどうかはシートを剥がしてみて始めて見えてくる。心踊る一方で緊張する瞬間でもある。

 工事の先が見えてくれば、建て主にしても嬉しいに違いない。この日は、施主の親が知り合いを案内して現場を見せていた。一人は、岩手県出身の宮大工で、中尊寺の覆い屋の工事にも携わったと話していた。焼き杉羽目板・7寸角の柱・赤松のタイコ張りを見るのは珍しいことらしく、ずいぶんと関心がある様子で、竣工時には再度見せてくれる様、建て主に依頼していた。

 土台の柿渋塗りや焼き杉羽目板の製作作業は、当事務所では建て主の仕事としている。自分も関わった工事を、他人から良く言われて気分を悪くする人はいまい。こんな思い出が、これから住む家を大事にしてくれる気持ちの根っこになってくれればありがたいと思う。

大関邸中塗り仕上げ.jpg

 内部の壁は、愛知県の椛コ金工業・村井さんの中塗り土を塗って仕上げている。村井さんは、豊田市で現在も色土の採取と色粉の生産を続けている数少ない素材業者である。1階の内部壁は、中塗り用の藁スサをそのまま見せる、「切り替えし中塗り仕上げ」とし、一方畳の部屋のみ同じ材料を「鏝引きずり仕上げ」で納めてもらった。

「粘土の色は一つとして同じものは無い。しかし、どんな色の土を壁に塗っても、もともと木は土から生えているのだから、木と土は相性がいい。土塗りの家には落ち着いた雰囲気が自然と生まれる」。現場を担当している、吉田左官の言葉である。学校では教えてくれない真理を、また一つ現場で教えられた。

 冬の朝日が、柔らかい表情の土壁を照らしていた。

※椛コ金工業・村井さんの中塗り土については、シティ環境建築設計のHP中、自然素材・左官用色土の作り方にレポートをまとめてあります。ご覧いただければ幸いです。

 2010年12月9日 高橋昌巳
posted by 高橋昌巳 at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。