東京近郊で、木組みと土壁の家づくりを実践しています。

2010年11月30日

冬支度

 霜月も今日が晦日、明日からは師走。光陰矢のごとし。時の速さをあせってみても仕方が無いので、今日自分のすべき仕事をしていくだけ、と考えるようにしている。忙しくしていられるのは、社会に少しは必要とされている証、と思えば気も楽になるものだ。
 
 複式呼吸で、大きく腹に溜め込んだ息をできるだけゆっくり吐く。胸を張って大きく息を吐くだけだが、仕事に取り掛かる前に少しの間続けると、頭がすっきりとしてくる。自立神経のバランスを整える効果もあるらしく、座禅の効能にもつながるとテレビで紹介していた。気を落ち着けるにはいい方法の一つだと感じている。

 紅葉の便りが各地で聞かれる頃。日の光を透過して見上げるモミジの鮮やかさに、季節のはっきりした国で生活できる幸せを実感する。武蔵野の街路樹にはケヤキとイチョウが多いが、天気のいい日に紅葉した大木を下から眺めるのは気持ちがいい。今年は熱い夏の後に急に涼しくなったせいか、ドウダンツツジも真っ赤に色づいている。

 自宅の台所の北側は一部をガラス屋根としてあり、ザクロの大木の枝が覆いかぶさっている。4月の赤芽、5月の新緑、6月の紅花、夏の緑陰、11月の紅葉と、一年を通じてザクロを見上げて四季を楽しむことができる。

自宅トップライト.jpg

 紅葉を楽しんだ後、我が家の冬支度が始まる。師走を迎えるこの時期、ガラス屋根の上に落ちた葉っぱで空が見えなくなる。当然室内も暗くなる。雨樋も落ち葉でいっぱいとなり、一年間の土がたまって詰っている。雨樋の掃除も兼ねて、屋根に上って洗剤をつけてガラスを水で洗っていく。剪定ばさみで増えすぎた枝を切り、ザクロ酒用に使う赤く熟れた実を収穫する。甘ずっぱい実を口に入れると、子供の頃の記憶がよみがえる。

 青空を見上げられる状態になったガラス屋根を上で、黄色く染まったザクロの葉が風に踊っていた。気持ちのいい秋の日の午後、ゆっくりと時間が流れていくのを感じた。

 2010年11月30日 高橋昌巳

 
 
posted by 高橋昌巳 at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。