東京近郊で、木組みと土壁の家づくりを実践しています。

2010年08月28日

荒壁の色

 横浜の現場での打ち合わせがあり、荒壁塗り後の壁の状態を確認した。荒壁表塗り・裏返し塗り共に完了して数日たち、水気を含んだ粘土が次第に乾いて土本来の色を見せ初めている。吉田左官の手配により、静岡県三ケ日から取り寄せ、現場で数ケ月寝かせた土は薄い茶色で、愛知県豊田市や兵庫県淡路島の中塗り土の色に近いと感じた。関東の荒木田土の灰褐色とはだいぶ違い、このままでも十分仕上げとして通じる落ち着いた色合いをしていると思った。また、大きなひび割れが見られないのも好感できた。

大関邸荒壁.jpg

 荒壁用に使う粘土は粘性が強いものを選んで使うため、藁スサの量が少ないと乾燥収縮して荒壁の表面は大きくヒビ割れる。100ℓの粘土に対して入れる藁スサの量を0.6s程度としているが、家一軒で仮に3㎥の粘土を使うとすれば、一袋40s入りの藁スサを30袋程度混ぜることになる。実際水合わせの現場を見ていると、粘土のかさより多い程の藁スサを加えて水で練り合わせている。寝かせた粘土を実際に塗る段階で、再度藁スサを加える。

 粘土と藁スサの金額を比べると藁スサの方が高いと聞くことが多い。刈り入れ脱穀して残った藁など、どこの田圃にもありそうなものだが、人手を減らすために鎌ではなくてコンバインで稲刈りを行う現代、藁は刈ったそばからバラパラと田圃にまかれてしまう。結局、荒壁の粘土に混ぜる藁を確保するには、稲作農家に頼んでコンバインではなくて鎌で刈る藁を残しておいてもらう様に、契約しているという。

 小舞掻きに使う縄が藁縄から工場生産の麻縄に移っていったのも、今は手で稲藁をきつく撚ってなうことをしなくなったからだと聞く。、コンバインによる稲刈り同様で、自然の素材に手を加えてから使用するという、基本的なところで社会の仕組みが変わってしまっている。厄介な時代になったものである。


 もともと土壁の家は、竹や葦を藁をなって作った縄で掻いた小舞下地に、近くの田圃の底土の粘土に稲藁を切って混ぜ合わせた粘土を、人の手で付けて壁を作るものであった。竹も葦も藁も再生産する材料なので、循環型の家づくりそのものを長い間続けてきたといえる。

 荒壁を見ていると、家の囲いとしての原型を見るようで、緊張した体のこりが少しずつほぐれていく感じがする。一枚一枚の壁が均一性と間反対の表情でしていて見ていて飽きない。現場ごとにこんな瞬間を体験できるのだから、土壁の家づくりは急いではいけない。やがて見えなくなる工程なのだからしっかりと目に焼き付けておこうに思う。

 あまり難しく考えてもしかたない。仲間とできることを続けていこう。

  2010年8月28日 高橋昌巳

 
posted by 高橋昌巳 at 19:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
機械式時計 時計 壁掛け http://www.monclerhill.info/
Posted by 時計 壁掛け at 2013年07月27日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。